交通事故の金融商品と弁護士に依頼するタイミング

交通事故の被害にあったとき一般的には相手の保険会社の担当と話し合うことになりますが、その際どのタイミングで弁護士に依頼したらいいのか分からないものです。
弁護士費用が高くて依頼できないということもありますが実際には依頼した方が煩わしい話し合いをしなくても済みますし、受け取れる賠償金を大きくできる可能性があります。



1つのタイミングとしては、受け取れる賠償金で弁護士費用を支払っても手元に残るかです。


金融商品の中には交通事故に関するものがあっていわゆる傷害保険のようなものです。


日常生活で賠償責任を負った場合にも適応できるようにする賠償責任特約なども付帯可能です。

自動車保険と併せることによって十分な効果を発揮してくれるでしょう。



また、弁護士特約を付帯していると一般的には300万円までは費用を負担してもらえます。

交通事故を起こしてしまった場合に備えるのが定石ではありますが、逆に交通事故を起こされてしまった場合の備えの方が大切と言えるかもしれません。
自動車保険や傷害保険で費用が準備されると弁護士の選定に入ります。
ここで時間がかかってしまうことや、話をした段階で勝訴が薄い、または相当数の報酬が見込めないなどがあると断られてしまうという部分はデメリットと言えます。



また、交渉の結果賠償金を上乗せすることに成功しても、報酬の支払いで依頼前の提示額より手元に残る金額が少なくなる可能性があるというデメリットもあります。

もちろん前記した特約があれば話は別です。

Copyright (C) 2015 交通事故の金融商品と弁護士に依頼するタイミング All Rights Reserved.