富士登山の方法や富士山までの行き方

category01

標高3776mを誇る日本最高峰である富士山に一度は登ってみたい方が多くいると思いますが、どんな準備をすれば良いのでしょうか。
富士登山を個人で実施するには、現地までのアクセス方法や登山グッズの購入を事前に行っておく必要があり、都内から行く場合は鉄道・高速バスで行く方法が一般的なのでこれらのチケットを確保しましょう。

代表的な富士山アクセス方法である、富士山五合目まで行く高速バスを使う場合は、乗り換えなしで行く事が可能なので富士登山だけが目的の人におすすめであり、富士山麓を帰りに観光したい場合は鉄道(特急・私鉄)・シャトルバスにしておくとスムーズに移動が出来ます。

他種類に及ぶ関西から沖縄についての情報を簡単に探すことができます。

登山グッズに関しては、夏の富士山は一桁の気温が一般的なのでしっかりとした寒冷地対策が必須となっており、急な雨風と砂埃を防げる上着や撥水加工のトレッキングシューズを必ず準備しておきましょう。日中の紫外線も強烈になっており、耳と鼻にしっかりとフィットするスポーツサングラス・日焼け止めを購入しておく事も大切です。



富士登山において肝心なのは自分の体力に合った登り方をする事ですが、1泊2日のスケジュールで登ると身体に負担が掛からないので、山小屋の確保を行って夜間の仮眠が出来る準備を整えておきましょう。



山小屋で数時間の仮眠をしておけば体力が回復して2日目の登頂も問題なくこなせるので、安眠が出来るアイマスク・耳栓といったグッズを持って行ってください。

旅行の事柄

category02

日本の最高峰である富士山は、なだらかな稜線の美しい容姿の山です。しかし、眺める優しい姿で、登山も易しいものと思ってしまっては非常に危険です。...

subpage

身に付けよう

category02

最近では1泊2日で行ける登山が人気となっており、東京から気軽に行ける富士山登山は特におすすめで、夏休みが取れたら一度は訪れてみましょう。個人で行く場合は交通機関のチケット購入・山小屋の予約を行っておく必要があり、土曜日に関しては富士山麓観光客や山梨方面への鉄道利用者が多くいるので、土曜午前中に鉄道で向かう場合は指定席の確保を行って体力の温存をしておく事が大切です。...

subpage

いまどきの旅行

category03

夏休みの思い出として体を動かす登山をする人が多くいますが、最近人気なのは7月〜9月初旬にかけて登る事が出来る富士登山があります。初めて登る場合であっても旅行会社が主催する富士登山ツアーがあり、それに参加しておけば往復で経験豊富な登山ガイドが付いてくるので無理の無い行程で登頂が出来るでしょう。...

subpage

知っておきたい情報

category04

老若男女問わずに行ける観光として人気が出ているのは富士登山ツアーですが、旅行会社が主催するツアーは1泊2日がメインとなっているので、参加する場合は必ず2日分のスケジュールを空けておく必要があります。なお、富士登山ツアーは社会人が休みを取りやすい土曜日出発が混雑しやすく、その日に参加する場合には多くの登山客が山頂を目指す事で登山道が渋滞するレベルになるので、日付が変わる前後には山小屋を出発する行程を採用しています。...

subpage