富士山の登山には、事前準備が大切

日本の最高峰である富士山は、なだらかな稜線の美しい容姿の山です。

しかし、眺める優しい姿で、登山も易しいものと思ってしまっては非常に危険です。

小豆島ツアー の人気を今すぐチェックしよう。

富士山に登るには、十分な準備が必要です。

まず大切なことは、体力をつける、体調を整えるということです。
富士山の登山道は整備され、実際には小学生で登頂する子もいますが、やはり誰でも登れるというものではありません。
日頃から体を鍛え、持久力をつけて疲れにくい身体を作っておきます。

そのうえで、さらに健康状態の良い時を選ぶことが必要です。



次に、しっかりとした無理のない計画を立てることが求められます。


初心者はできるだけ弾丸日程は避け、ゆっくりと時間をとったスケジュールをたてましょう。体力に自信があるからといって急いで登ると、高山病などのリスクが高まってしまいます。

富士山には、4つの登山ルートがあるので、出発地から登山口への行きやすさや、山頂までの距離や所要時間などを考慮してルートを選びます。
日にちが決まったら、山小屋を予約します。

装備は、しっかり山登りを意識したアイテムが必要です。


靴は登山靴かトレッキングシューズがふさわしく、底が軟らかくくるぶしが守れないようなスニーカーでは無理があります。また、夏でも軽装では登れません。
登り口では暑いと感じても、高く登ると必ず気温は下がるので、十分な防寒対策が必要です。

雨具も簡単なカッパではなく、上下に分かれた防水透湿性素材のものを選びます。



飲料水や行動食も忘れずに、その他の持ち物などもリストを作って忘れ物のないように、慎重に準備しましょう。