夏休みに富士山登山をする

最近では1泊2日で行ける登山が人気となっており、東京から気軽に行ける富士山登山は特におすすめで、夏休みが取れたら一度は訪れてみましょう。

大阪からバスでナガシマスパーランドに関しての情報が閲覧できます。

個人で行く場合は交通機関のチケット購入・山小屋の予約を行っておく必要があり、土曜日に関しては富士山麓観光客や山梨方面への鉄道利用者が多くいるので、土曜午前中に鉄道で向かう場合は指定席の確保を行って体力の温存をしておく事が大切です。

富士山登山で大切なのは装備品ですが、1泊2日の泊りがけ登頂となるので大きなリュックで臨む必要が出てきます。

軽量であってもしっかりとした作りや耐水性のある上着やズボン・雨風によって体力が失われないためのウインドブレーカーは必須となっており、長時間岩場と砂地を歩くので底が厚いトレッキングシューズや、夕方以降の登山に使うためのヘッドランプも着用しましょう。

登山中の食事に関しては、山小屋の夕飯はカレーといったメニューを食べる事が可能であり、それ以外の食事に関しては自分で準備をする必要があるので軽食類は欠かさず持参しましょう。



すぐに体のエネルギーになるバナナ・ゼリー飲料・スポーツドリンクに加え、暖かいスープを飲みたい場合に備えて熱湯が入った魔法瓶を持参すると体が冷えにくくなります。



往復道中では低温であっても汗をかく事によって塩分の流出が思った以上に進みますので、塩飴・塩分濃いめのおにぎりを持参すると良く、間食や朝食に用いる事をおすすめします。